TEL:0120-17-6651 無料診断 よくある質問

一貫体制連動方式

TOP / 美匠が選ばれる理由 / 一貫体制連動方式
一般常識を超える革新を遂げた体制一貫体制連動方式「コアサーキュレーションシステムTM」
限りなくムダを無くし、最高品質を生み出し続け、末永くお客様へご満足して頂くために、体制からすべてを見直しました。10年以上の歳月をかけて構築・改善を繰り返し続けたこの体制は、一般常識を超える革新を遂げています。品質を追求し続けることを理念とする美匠未来建設の根幹を成す形態、それが一貫体制連動方式[コアサーキュレーションシステムTM]です。これが美匠未来建設を“外壁塗装メーカー”という唯一無二の独自形態へと進化させた基盤となるものです。
「一貫」させ、「連動」するからこそ、技術と品質を最大化させることができます。
「一貫体制連動方式」イメージ図
「一貫体制連動方式」イメージ図

従来の一般的な体制では、すべてのセクション(部門)が別々の会社で分かれており、分断されている状態です。これは経営的に見れば効率が良く生産性が高い状態ではあります。しかし一方で中間マージンが多くかかってくることや、お客様からのご意見・ご要望を直接聞き、速やか、かつ、スムーズに商品開発や品質改善に活かすことが難しい一方通行方式のため欠点も多くありました。

経営的に見ればリスクは高くなるものの、塗装技術・施工品質のレベルを最大化するためには全てのセクション(部門)を「一貫」して「連動」させる体制を構築する必要があると考え、10年以上の歳月をかけて構築し続けてきたのが美匠未来建設の一貫体制連動方式[コアサーキュレーションシステムTM]です。

組織図(体制)から見る一貫体制連動方式

具体的には、お客様から外壁塗装・屋根塗装の見積依頼のご連絡が入った段階から始まります。管理部のオペレーション部門が情報を受け取り、工事部の各エリアを担当するお客様サポート部の責任者が引き継ぎます。それと同時に研究開発部にも必要となる情報を共有していきます。商品開発・品質改善のサイクルを回していくためです。さらに製造部との連携により、新たな商品づくりや工法づくりが行われていく流れとなっています。

横のつながりである全部門と縦のつながりである全階層の一人一人が持つ情報や知識、技術、経験値、お客様からのご意見・ご要望などを美匠未来建設のコアシステム内へと集約させていきます。そして、サーキュレーションセンターと呼ばれる部門(社長直轄)により、改善・整備され、新たな商品・サービスとしてお客様へ還元していくとともに、美匠未来建設の塗装技術力・施工品質力の向上にも貢献していきます。お客様のためになり、なおかつ美匠未来建設としても日に日に成長していくことが可能となります。これが一貫体制連動方式「コアサーキュレーションシステムTM」の概念です。

組織図・連動の流れ
一つ一つの部門を連動させて効果の最大化を図ります
※組織図・連動の流れをシンプルな形式に編集しています

この組織体制が可能とする
5つの大きな特徴

さらに具体的に、代表的な5部門がどのような動きをしていくのかを見ていきたいと思います。お客様が直接関わるところでは電話受付であるオペレーションや工事部の責任者・技術者ですが、その背景では“氷山の一角”に例えられるように、見えていない部分にとても多くの時間と資源を積み重ねて構築し続けてきた基盤となるものがあります。美匠未来建設をさらに理解して頂くために、一部ではありますがご紹介させて頂きたいと思います。

01
研究開発部

研究開発部
お客様・技術者の声を取り入れていきます

この研究開発部では、管理部が受け取ったお客様情報を工事部へ共有するとともに、「商品開発」「品質改善」に必要となる情報はこの部門にも共有されます。ここではお客様からのご意見やご要望に基づく視点から新しい商品やサービスをつくり出すことができないか、実際に提供した商品やサービスをもっと良くしていくことはできないか、という開発と改善を中心に行う役割を担っていきます。この部門があることによって、外部であれば見過ごしてしまう些細なお客様からのご意見やご要望もしっかりとキャッチすることができ、お客様にさらに寄り添った商品・サービスを提供することができるようになります。「お客様第一品質」という理念を掲げているからこそ、この理念をしっかりとカタチにできる体制づくりが大切になっていきます。

02
製造部

製造部
最適な品質として完成した塗料を出荷へ

この製造部では、研究開発部との連携により、樹脂設計や顔料、各種添加剤、等々の選択や調整を行い、その完成した塗料や材料を製造・出荷していきます。出荷にあたっては限定した提携先に絞っているため、その分、中間マージンもかからず大幅なコストカットも実現していることも特徴の一つです。そのうえで製造部のもつ知見と工事部のもつ知見を汲み込むことができるため、現場の実情にあった最適で高品質な塗料・材料を生み出すことが可能となります。また、万が一にも施工後に不具合が発生した場合でも速やかに原因究明でき、最適な処置を施すこともできるため、お客様の不安要素の最小化にも貢献していきます。

03
工事部

工事部
お家自体を長持ちさせる塗装を手掛けます

この工事部では、管理部から受け取ったお客様情報をもとに、工事部のなかに所属するお客様サポート責任者によって調査診断から見積提出、ご契約、色・デザイン決め、施工にいたるまで一貫して対応していきます。お気づきの通り、私たち美匠未来建設では「営業部」がありません。実際に現場で技術を磨き、お客様からの評価も高い技術者がお客様サポート責任者としての役割を担っているからです。営業マンへの人件費を無くし、現場を実際に経験して熟知しているからこそわかる塗装仕様選定やご提案を行います。このように、研究開発から始まり、製造、ご提案を通して実際の塗装工事へ取り掛かっていきます。これらの体制により生まれた七大劣化抑制技術を採用した塗装工事を実施し、“塗膜”ではなく、“お家自体”をしっかり長持ちさせ、お客様ご家族様と大切なお家の末永い安心を実現していきます。

04
管理部

管理部
第三者的立場から施工品質を点検します

この管理部では、お客様との電話対応から始まり、工事後のアフターメンテナンスまで一貫して続きます。工事中は品質管理や安全管理、現場工程管理などを実施し、担当する技術者以外の第三者としての視点からも終始確認する体制をとっています。良い意味で緊張感を保ち続けることが、より良い施工品質につながり、トラブルや事故などの発生を抑えることにつながると考えているからです。また、技術者育成もこの部門が担っており、美匠未来建設の経験値だけではなく、全国の塗装専門店100社以上を技術指導する立場としての知見も含めた技術者育成を実施しているため、どの塗装会社よりも充実した内容の情報と技術力を習得していくことが可能となっています。それによってお客様へ実例を踏まえた提案レベルの向上や施工品質レベルの向上を実現しています。

05
サーキュレーションセンター

サーキュレーションセンター
社長先導のもと全社徹底をはかります

このサーキュレーションセンターと呼ばれる部門が一貫体制連動方式のエンジンのような役割を果たしていきます。社長直轄のもと、すべての情報や知識、技術、経験値、お客様からのご意見・ご要望などを集約させており、美匠未来建設の最も「核(コア)」となる重要な部分を担っています。これらの集約された資源をもとに「新たな商品・サービスの開発」「品質の改善」「技術の集積」を行い、さらに「お客様第一品質」を高めるサイクルを回していきます。社長直轄であることで迅速かつ確実に全社にいきわたらせることが可能となります。これらの資源を結集させるからこそ、七大劣化抑制技術という新しくも確実な塗装技法を確立でき、「20年先まで見据えた強くて美しいお家」「末永く安心して住めるお家」を実現していくことができます。

この体制があるからこそ生まれる、数々の効果

このように、一貫体制連動方式という独自体制があることによって、1.全国の塗装技術や施工実績などの有力な情報・ノウハウを結集させることができ、2.七大劣化抑制技術による外壁塗装・屋根塗装の開発、3.コストカット体制の確立、4.アフターフォロー体制の充実、5.長期的な人生計画から考えられるプランの選定、6.コストパフォーマンスに優れた直販価格の実現、7.技術力とお客様対応力を併せ持つ施工スタッフの育成にいたるまで、塗装工事における一連の流れをすべて高い品質で提供することが可能となっています。一貫して連動させることによって実現するこれらの効果が、お客様ご家族様と大切なお家にとって最善の方法であると信じています。

カンタン診断依頼

無料で診断を依頼する

TEL:0120-17-6651

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求
美匠未来建設 公式アカウント
LINEからカンタン無料診断!
無料相談! 診断はこちらから